波高計

レーダー油濁検出システム

レーダー油濁検出システム

MIROS社 WAVEX Oil Detection(レーダー油濁検出システム)は船舶Xバンドレーダーによる海面反射イメージをデジタル化し、石油の流出をすばやく検出し自動的に警報 を発するため、流出拡散防止のための素早い対応を可能とし、汚染に伴う環境破壊を低減します。

夜間や濃霧等の視界不良時でも流出状況をリアルタイムでモニターできるため、効率的な油回収が可能で、環境汚染の拡大を防止します。

レーダー油濁検出システムの詳細(PDF)[96KB]

使用例

  • 海上オイルプラットフォームでの石油流出の検出
  • 石油積込み基地での石油流出の検出
  • タンカー座礁など事故発生時の流出油の回収
  • 巡視船、油回収船での流出油の検出、回収時の汚濁状況の把握

波浪スペクトル測定レーダーシステム

波浪スペクトル測定レーダーシステム

SM-050波浪レーダーは大変ユニークな波浪スペクトルと表層流の遠隔測定システムです。原型は、1980年代の初頭に開発され、徹底的なテスト と継続的な機能向上を行ってきました。最新のSM-050MKV波浪レーダーは、信号処理部とソフトウェアーを再設計しアルゴリズムとユーザーインター フェースも最新型に改良されています。新設計のレーダーシステム用キャビネットにより、性能、耐久性も更に向上しています。

センサーの精度は多くの評価試験により実証されており波高計として唯一ノルウェー船級協会の形式認定を取得しています。海洋ブイと同等またはそれ以 上の測定精度(波高0-30mにて測定誤差5%)と高い実用性を持っています。通常の波高計は海中に投入/設置されるため、保守管理に時間と費用がかかり ますが、波浪スペクトル測定レーダーシステムSM-050は修理、メンテナンスも容易です。

SM-050レーダーは、雨や飛沫の影響を受けにくく、過酷な気象条件下でも高い精度で測定できます。これはSM-050の大きな特徴です。船舶用 Xバンドレーダーを使用した場合には、降雨時の測定精度に影響します。SM-050レーダーシステムの測定は全自動で、短期間で操作が可能になります。

設置場所の高度によりますが、レーダーから180-450mの距離で半円状の海面の波浪を測定します。推奨されるレーダーの搭載場所は、海面上 20mから100mの高さで海面に対し180度以上の視野が開けていることが必要です。30度に区切られた6つの区画で連続的にスキャンします。レーダー と対象物間に障害物があると測定できません。

波浪スペクトル測定レーダーシステムの詳細(PDF)[94KB]

WAVEX 船舶用レーダー波浪検出システム

WAVEX 船舶用レーダー波浪検出システム

MIROS社は1999年にノルウェー船級協会との共同研究の結果、観測船、一般船舶、石油リグ等の海洋沿岸構造物にも搭載可能なレーダー 波浪検出システムWAVEXを開発しました。WAVEXは安全で効率的な運行管理を行うために開発された船舶用オンライン波浪モニターシステムです。 WAVEXは開発最終段階での評価プログラムでは、4000回に及ぶテストが行われ高い信頼性と測定精度(波高0-30 mにて測定誤差5%)が実証されています。WAVEXシステムはノルウェー船級協会による機能・精度の検定を受け、船舶、海洋構造物搭載用レーダー波高計 としては初めての形式承認(NO.A-7338)をうけています。

WAVEXはXバンドレーダーから波浪情報を得るため簡単に既存船へ搭載できます。NMEAフォーマットで船から提供される、GPS、ジャイロ、風 向風速データをWAVEXに記録することも出来ます。 WAVEXは船舶が遭遇しているリアルタイム波浪、過去に遭遇した波浪データを乗組員にビジュアルに提供し安全な航行のための有効な手段となっています。 WAVEXはとくに、荒天時や日没後等、視界のきかない環境の中で乗組員がリアルタイムでの海面の状況のモニターし波浪や天候状態の変化が観測可能です。 乗組員は夜間でも常に最適な航行速度や方位を選択できます。

高速艇では、WAVEXのリアルタイム波高データにより常に耐航性能を超えないような安全でスムーズな運航が可能になります。定時性の維持や乗客の 快適性に貢献します。タンカー、貨物船、高速コンテナ船、自動車運搬船でも波浪による船体・貨物への損害を低減のため単独もしくは、各種センサーと組み合 わせて航行支援システムとして使用できます。

WAVEX船舶用レーダー波浪検出システムの詳細(PDF)[90KB]

特長
  • 船舶用Xバンドレーダーの信号を使用します
  • 夜間・荒天時にも波浪状況をモニターできます
  • 波浪による船体・貨物への損害を低減できます
  • 安全でスムーズな航海・定時運航に貢献します

ブイ式波高計

オランダデータウエル社の波高計は加速度計を用いたブイ式波高計で長年の実績と信頼性により世界中で最も多く用いられており現在3000台以上が活 躍しています。加速度センサーまたはGPSセンサーにより(波高)を求めアルゴス送信器により衛星経由でデータは地上にほぼリアルタイムで送信されます。

波高計 WAVERIDER

波高計 WAVERIDER

本機は波浪によるブイの上下方向の加速度を測 定し二重積分することによって、波高を求めます。本機のフローチャートと係留索は波の上下運動との差 が最少となるように設計されています。国内でも大学・研究機関で多くの実績があり、波浪エネルギーの解析に使用され良好なデータを得ています。

波高計仕様
測定範囲 ±20m
最少測定範囲 ±1cm
周波数範囲 0.065〜0.5Hz(0.3db)
0.035〜00.65Hz(3db)
寸法・重量 直径90cm(潮流2ノット以上)、162Kg
直径70cm( 〃   以下)、102Kg
到達距離 最大50km
電池寿命 90cm 16ヶ月
70cm  9ヶ月

以下のオプションもあります。

  • 波方向計ディレクショナルウエーブライダー
  • アルゴス送信器付波高計
  • 海水温度測定センサー付波高計

このページのトップへ