高層観測機器 Aerological Observation

高層観測機器 Aerological Observation

ラジオゾンデ RS92

RS92の現在の各モデルはすべて400MHz気象観測周波数帯で作動します。ヴァイサララジオゾンデRS92-SGPはコード対応型 GPSによる風検出機能を、ヴァイサララジオゾンデRS92-KLはLoran-C 風検出機能を備えています。CAL-4校正済みのラジオゾンデとして、RS92は国家の気象機関に世界最高水準のPTU測定性能を提供します。さらに、 RS92-SGPは、新コード対応型GPS技術による高解像度連続風データ取得能力を備えていて、国家高層気象プログラムを支援します。

ラジオゾンデ RS92の詳細(PDF)[391KB]

ラジオゾンデ RS92によるオゾン観測

ヴァイサララジオゾンデRS92(400 MHzモデル)でオゾン測定が可能になりました。RS92用のオゾンインターフェースキットが多種用意されています。特殊測定用のアナログRS92モデル も2種類、RS92-KEとRS92-KLE、が用意されています。記号Eは、そのラジオゾンデに特殊測定センサ用のインターフェースケーブルと、標準の RS92-K とRS92-KLよりも大容量のバッテリーが備わっていることを示します。デジタルバージョンのRS92はそのままで特殊測定用のインターフェースが可能 です。

ラジオゾンデ RS92によるオゾン観測の詳細(PDF)[103KB]

Vaisalaドロップゾンデ RD94

ヴァイサラのドロップゾンデRD94は、各種の航空機からの高高度投下に適した汎用のドロップゾンデです。特殊なパラシュートで大気中を減速降下しながら、RD94は投下点から地表に至るまでの気圧、気温、相対湿度、風のプロファイルを測定します。

RD94は、400MHz気象観測周波数帯の遠隔測定リンクを経由して、航空機に搭載されている受信システムに気象データを送信します。受信システ ムは最大4個のRD94を同時可能なヴァイサラAVAPS受信システム、あるいは一度に1つのRD94を追跡可能なヴァイサラAVAPS Lite受信システムあります。

Vaisalaドロップゾンデ RD94(英語)の詳細(PDF)[240KB]

Vaisala DigiCORA観測システム MW31

ヴァイサラDigiCORA® 観測システムMW31には新しいヴァイサラ観測処理サブシステムSPS311が備わっていて、高層気象を観測するための基盤になります。観測の管理、観測 データの保管、気象通報の作成を、手動と自動制御のバランスを希望に合わせて、統合できますから、観測プロセス全般に亘って気象担当者が快適な管理をする ことができます。

ヴァイサラDigiCORA® 観測システムMW31の代表的な設定には広範囲なオプションが揃っています。気象通報の編集を手動か自動か、風検知、ラジオゾンデの地上チェックセット、特殊測定、ラジオゾンデの選択等のオプションが含まれます。

Vaisala DigiCORA観測システム MW31の詳細(PDF)[1,024KB]

Vaisala DigiCORA無人観測システムオートゾンデ

ヴァイサラDigiCORA® 無人観測システムオートゾンデは、気象データの取得可能性を追求するための重要なツールです。オートゾンデを使うことにより、全国レベルの気象サービスが カバーする高層気象ネットワークの範囲を、地理的に遠い場所、到達が困難な場所に拡大することができ、その結果としてより総合的な総観高層気象プログラム が開発できます。オートゾンデは、多様な天候における長年の実績を持っています。多くの国で高層気象ネットワークに組み込まれています。

オートゾンデは使用する場所の特性に適した設定をすることができます。無人操作でラジオゾンデを放球し、自動処理でラジオゾンデの信号を受信し、その信号を気象メッセージに変換し、そのメッセージを全国気象サービスに送信します。

Vaisala DigiCORA無人観測システムオートゾンデの詳細(PDF)[434KB]

Vaisala ASAPステーション

海上の総観天候観測データの収集は高層気象観測にとっての重要な補完です。ヴァイサラASAPステーションは半自動の船上気象ステーション で、船上自動高層気象プログラム(ASAP)に参加している遠洋航行船舶向けに設計されています。ヴァイサラASAPステーションによって、貨物船その他 の船舶による海上の高層気象観測が合理的なコストで可能になります。

ヴァイサラASAPステーションは各種タイプの船舶に搭載し、様々に変化する環境条件下で高い信頼性で作動します。操作員室には、ヴァイサラ観測機器(ヴァイサラDigiCORA®観測システムMW21)、衛星無線機、地表気象観測機器が備わります。

Vaisala DigiCORA無人観測システムオートゾンデの詳細(PDF)[434KB]

Vaisala AVAPS ドロップゾンデ受信システム

ヴァイサラAVAPS ドロップゾンデ受信システムおよびヴァイサラドロップゾンデRD93は、投下観測技術の最新技術を代表するもので、機上のドロップゾンデ・マイクロプロ セッサーとシンセサイザーデジタル送信を利用します。この組み合わせは、大気の正確な現場測定のための完全な解決法を気象研究者に提供します。ヴァイサラ AVAPSの顧客には、NOAA(米)、米空軍、NCAR(米)、NASA、MSC(加)、DLR(独)、MRF(英)、NIPR(日)が含まれます。

Vaisala AVAPS ドロップゾンデ受信システムの詳細(PDF)[229KB]

Vaisala AVAPS Lite ドロップゾンデ受信システム

ヴァイサラAVAPS Lite ドロップゾンデ受信システムは、単チャンネルのドロップゾンデ受信システムで、目標を絞った大気のプロファイル、気圧・気温・湿度(PTU)と風を詳細か つ正確にリアルタイムで必要とする気象研究者用のシステムです。ヴァイサラAVAPS Lite は大規模なヴァイサラAVAPSを小型、軽量、単チャンネル化したバージョンです。

Vaisala AVAPS Lite ドロップゾンデ受信システムの詳細(PDF)[362KB]

Vaisala ラジオセオドライト RT20

ヴァイサララジオセオドライトRT20は、移動野戦砲およびその他の地上戦術部隊用の一体型自動気象データ取得装置です。RT20は先進の 全天候型干渉計式RDFアンテナで、戦術部隊のあらゆる作戦要件を満たします。携帯型の複数のモジュールで構成されているため、個別の機械化輸送構想に容 易に統合できます。ヴァイサララジオセオドライトRT20は、1680MHzのヴァイサララジオゾンデを含む完全な戦術観測システムで、非常に高精度の高 層気象データ(風速/風向、湿度、気温、気圧)を標準の通報書式で供給します。

Vaisala ラジオセオドライトRT20の詳細(PDF)[782KB]

弾道気象用サウンディングシステム MARWIN MW32

戦術環境において、地上から高層までの大気環境を迅速に把握することは非常に重要な位置づけとされています。
MW32は従来の高層観測を高精度・高機能はそのままに器材の簡素化を図り過酷な屋外環境でも僅かな時間で観測する事が出来る高層観測システムです。

弾道気象用サウンディングシステム MARWIN MW32(英語)の詳細(PDF)[335KB]

特長
  • 弾道気象や数値予報モデルに適した気象プロファイルデータを取得
  • 過酷な環境や輸送を想定した堅牢設計
  • 一体化したディスプレイとキーボードによるメニュー形式の容易な操作性
  • STANAGやWMOフォーマットに関連したメッセージに対応
  • 30項目以上の気象パラメーターを演算可能

このページのトップへ