海洋観測機器

IPS-5 アイスプロファイリングソナー(氷厚計)

アイスプロファイリングソナーIPS-5は垂直上方に音波を発信し、反射波より正確にセンサ上部を移動する氷塊の厚さを測 定します。
水位の変化とセンサの傾斜による誤差を自動補正します。

IPS-5 アイスプロファイリングソ ナー(氷厚計)の詳細(PDF)[409KB]

特長
  • 最長15ヵ月まで連続測定可能
  • 400kHzの周波数を使用し垂直分解能が高い
  • 新型の傾斜センサを搭載
  • さまざまなサンプリングオプションに対応するソフトウエア
  • 複数設置により季節による海氷の状態の観測が可能
  • 波高測定も可能

AZFP 動物プランクトン測定用 マルチ周波数音響ドップラープロファイラー

動 物プランクトン測定用マルチ周波数音響プロファイラーAZFP は、トランスデューサーから異なる周波数の超音波を発射し、海水中の浮遊物質による後方散乱の強度を測定することにより動物プランクトンの存在と量をモニ ターすることができます。小魚から懸濁物が測定対象です。海洋、湖沼、河川での科学調査および環境監視に使用されています。

AZFP 動物プランクトン測定用 マルチ周波数音響プロファイラー(PDF)[396KB]

仕様
  • 最大1年のデータ収集が可能です。
  • 1台の送受波器で最大4 周波数の測定が可能です。
  • 上方、下方どちらの観測も可能です。
  • 傾斜センサーを内蔵しています。(計測範囲±45°精度& plusmn;3°)
  • アルミ耐圧容器は水深600m まで設置可能です。
  • 16 ビットAD、RS-232 又は422、コンパクトフラッシュ16GB 内蔵
  • 最大12 までの計測期間、日時の設定が可能です。
  • 最大1Hz までのPing レートが設定可能です。
  • パルス幅は100 から900 マイクロ秒の範囲で任意に選択可能です。
  • 専用フレーム

ASL 波浪津波センサ

波浪・津波観測用ウェーブプロファイラーは大陸棚における波浪測定のための高精度なソナーです。 波浪観測、海上石油プラットフォームの調査、海洋学研究、橋梁および桟橋、海岸構造物の設計調査 などで使用されております。また、津波観測用としても使用できます。

ASL 波浪津波センサ(PDF)[113KB]

特長
  • 海面への音響レンジの測定から標準波パラメータの推測が可能。
  • 2kHz(バースト)または連続続サンプリングでの測定を可能にする優れたデータ記憶容量。
  • 急斜面と長いうねり波に起因する誤差を排除し、非常にリニアな特性を提供。
  • 1.8度oのビーム幅で高い周波数(420 kHz)のトランスデューサーを使用した優れた分解能。
  • 低消費電力、高いサンプリングレートでの長期観測が可能。
  • RS-232またはRS-422のデジタルシリアル通信でリアルタイムに出力。

SWIP シャローウォーターアイスプロファイリングソナー(河川用氷厚計)

SWIPシャローウォーターアイスプロファイリングソナーは、冬季に河川に設置し結氷状態のモニターが可能です。水面に音 波を発信し反射波より正確に氷塊 の厚さを測定します。

仕様
  • 内蔵バッテリー26AH
  • 546kHzトランスデューサー
  • 2軸ティルトセンサー
  • 圧力センサ0-30PSIA
  • 陽極処理アルミニウムケース
  • RS422通信インターフェイス
  • 16Gbyteフラッシュメモリー
  • 水底設置用アルミモアリングプラットフォーム

Exocetus 水中グライダー

Exocetus 水中グライダーは、海さまざまな海洋特性を観測するために海軍と共同開発されました。
小型自動操縦のグライダーは各種センサーを搭載し、低消費電力、低速度で効率的な長期間観測可能です。

仕様
  • サイズ/直径:長さ2.0m 直径33cm
  • 空気重量:120kg 有料荷重5kg
  • 動作深度:10mから200m
  • 水平速度:2ノット (2ノット中で静止状態可能)
  • ミッション期間:30日間(一次電池)又は15日間(二次電池)
  • 音響帯域幅:10Hzから10kHz、ベクトルセンサー 2〜10kHz
  • 基本センサー:音響高度計、無指向性音響(BTech)、SVTP(Applied Microsystems)
    音響方向指示器(Wilcoxen)
  • 通信:衛星通信(イリジウム)
    UHF(航空機又は船上で可視範囲時)
    802.11g LAN(近距離のみ)
    将来的にACOMMS対応予定

洋上風力観測ブイ

風 力発電は世界的に導入が進んでおり、近年では洋上に風車を設置する洋上風力発電が急成長しております。AXYS社(カナダ)WindSentinelは世 界で初めてブイ型洋上風力観測システムを開発し、洋上風力発電設置予定地での環境調査・風力観測に使用されております。

特長
  • 設置場所を選ばず、外洋での長期海洋観測において多くの実績。据付型に比べ工事費用の軽減。
  • 上空150mまでの風力をマルチポイントで計測。
  • 最大18mの波高、最大瞬間風速90m/sの環境でも計測が可能。
  • バッテリー、太陽光パネル、風力発電、ディーゼル発電の組み合わせで1年連続計測が可能。

PIEZOMETER V2 ピエゾメーター

ピエゾメーターV2は、地質学と堆積物の研究目的で海底地盤の孔圧と温度をモニタリングします。

【概要】
沈殿物の固体粒子間の流体の圧力は、堆積物の安定度の目安として大変重要です。
槍形のピエゾメーター感部は堆積物内に打ち込まれ、貫通した内部の何層かの異なる位置で孔圧と温度をモニタリングします。

このダイナミックなパラメータの測定方法の進化により、短時間の測定から数ヶ月間の及ぶ連続測定が可能となっています。

ピエゾメーターV2はIfremerによって開発されました、製造販売はnke社が行っています。

特長
  • 槍は長さの異なるチューブを特殊なスリーブで接続し、任意の長さに調整します。
  • チューブの直径:外径60mm 内径 47mm
  • チューブ長:75、150と300cm
圧力センサーと温度センサー
  • 計測範囲: +/-200kPa(1kPa = 10mb)
  • 圧力精度: +/- 0,5KPa
  • 最大圧力: -300kPa/+ 400kPa
  • 温度範囲: 0°C to+50°C
  • 温度精度: 0.05°C
デジタルボード(MPTモジュール)
  • 圧力と温度の計測
  • 圧力と温度の校正
  • RS485デジタルバスへデータ送信
データーロガー(MDSモジュール)
  • 海上で回収可能な防水チタン容器内に格納
  • データ測定インターバル
  • タイムスタンプ
  • ケーブルでの通信
  • オプションで音響およびインダクティブによるコミュニケーションが可能
  • 最大のサンプリング:1mn
  • 最大接続MPT:12
  • 5台のMPTで自律的の観測:800d測定1mn
  • ストレージ:1〜8枚のSDカード
  • 時計:PCまたはGPSを使用
  • 2軸の傾斜センサーを装備

このページのトッ プへ